日本に来たらやること

在留資格

日本に住むために必要な資格です。日本に3か月以上滞在する人は必要です。
日本でできる活動と期間が決められています。

在留カード

日本に住む許可が出るともらえます。
在留カードはいつも持ち歩く必要があります。(16歳未満を除く。)

表面

出典:出入国在留管理庁ホームページ
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyukanri/whatzairyu.html

裏面

出典:出入国在留管理庁ホームページ
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyukanri/whatzairyu.html

住民登録(転入・転出)

3か月を超えて日本に住む外国人は,住んでいる市町に住民であることを登録する必要があります。

日本に入国した時(転入)

住むところを決めてから14日以内に在留カードを持って市町の窓口で届出をします。

※パスポートに「在留カードを後日交付する」と書いてある場合は,パスポートを持って行く。

引っ越しをする時(転出)

引っ越しをする前に,住んでいる市町で住所を変える届出をします。

引っ越しをしてから14日以内に,在留カードを持って,引っ越した先の市町村で新しい住所の届出をします。

健康保険

日本に住むすべての人は,健康保険に加入することが義務です。入ると健康保険証がもらえ,医療費の支払いが3割になります。

年金

日本では,年をとってからも安心して生活できるように,20歳以上60歳未満の人は国民年金に加入します。
会社で働いている人は,厚生年金保険にも加入します。

日本の税金について

日本の税金の主なものには,その年(1月1日~12月31日)の所得に応じて国に納める所得税,前年の所得に応じて県や市町に納める住民税,商品やサービスに対してかかる消費税があります。

くわしくはこちら